パンツを脱ぐメリットの理由

パンツを脱ぐメリットの理由

パンツを脱いで寝る理由7つ

パンツをはいて寝ると下記のような事が想定されます。

 

エネルギーの節約を目的とする睡眠時にエネルギー消費がおきる

生きている動物はみんなそうなのですが、寝るということは、体力回復やエネルギー消費をなくすという目的があるはずです。
なので、どんないきものも、ストレスのないような姿勢やタイミングで睡眠をとります。これは自然とそうなっているのです。

 

でも人間はどうでしょう?本来自然の形であればパンツははきませんよね?
よってここでエネルギーの消費が発生してしまう可能性もあります。
特に服をたくさん着ると皮膚の呼吸がしずらくなり、体力の回復に妨げが出る場合があるという事ですね。
ぴったりとしたようなパンツですとなおさらですよね。

 

パンツをつけて寝ると、皮膚温が低下する

パンツをつけると皮膚温が低下するのです。自然な睡眠だと筋肉は緩むため、血管の緊張がなくなり、拡張します。
そうなると血液もしっかり流れるようになり、皮膚温が上昇するのが通常です。
ただ、パンツをはくと、ゴムなどで締めつけられるため血流の流れが悪くなるがちです。

 

呼吸、脈拍が高まる

自然の状態での睡眠は、呼吸や脈拍は低下します。パンツをはくと血流の流れが悪くなり、体温が低下するのはAでご説明しました。
そうなると体温を上げようと体は働きます。そのため酸素を多く供給しないといけないため、呼吸や脈拍が高まってしまいます。

 

パンツのせいで皮膚呼吸を妨げる

寝ている間、大体コップ一杯くらいの汗はどの人でもかいています。そこでパンツなどをはいていると通気性が悪くなり、Bの説明同様、皮膚での呼吸が妨げられます。
出来る限り通気性のいい状態で睡眠をとった方が体力回復につながります。

 

酸素の少ない場所は細菌が増える

湿気が多く、通気性が悪い場所で、雑菌が集まりやすい場所だった場合に、細菌はかなり増えます。
これは想像できると思いますが、不潔な環境になってしまうわけです。

 

体内産熱を抑制し、新陳代謝を低下させる

人間は寝ている間に体温調整などをするため、新陳代謝を活発に行っています。パンツをはいていると、皮膚の呼吸などが妨げられるため、その新陳代謝も低下しがちになってしまいます。

 

身体が疲れる

 

これらのように、パンツをはいて寝るデメリットはかなり高いと言えます。
もちろん陰茎増大を目指すあなたにとっては、とっても重要な事とも言えますよね。
日ごろの生活から、健康な体質を目指しましょう。そうすれば、自然と増大しやすいペニスになったり、勃起しやすい体質が見込めます。


ホーム RSS購読 サイトマップ