海外産のバイアグラには注意が必要

海外産のバイアグラには注意が必要

海外のバイアグラは注意が必要

海外のバイアグラは注意が必要です。バイアグラ自体は、サプリメントなどの健康食品とは違い、診断や処方が必要な「保険外診療薬」としての取り扱いのため、利用には注意が必要になります。
海外のバイアグラなどは偽物などが多数存在しているため、薬事法などをかいくぐって違法なものも中には存在するようです。値段が安いからといって、知識のないまま、手を出したりしないようにしましょう。商品や利用方法によっては、生死にかかわる重大なものにもなりかねません。

 

まずは、サプリメントとバイアグラを比較しながら、気をつけないといけないポイントをまとめてみます。

 

偽物には注意が必要

バイアグラ
バイアグラは有名なものとそれの偽物があります。偽物の場合は、個人輸入などで多くあるそうですが、値段が安く不純物などが多く混入しているものが多いそうです。もちろん不純物などが混じっているため、危険な要素が十分あります。

 

ペニス増大サプリメント
これらは健康食品の位置づけのため、薬事法に準じた成分の配合されているものです。そこでクリアされている商品でないと販売できないので、偽物というものはほぼないでしょう。医療品とは違い、副作用などの危険度はかなり低いと言っていいでしょう。

 

診断が必要

バイアグラ
これらは保険外診療薬として位置づけられているものなので、お医者さんの診断や処方などが必ず必要なものになります。変なルートから出回っているようなものや、お医者さん経由で購入するもの以外は危険な可能性が高いです。

 

ペニス増大サプリメント
健康食品の位置づけのものなので、特にお医者さんからの診断は必要ではありません。イメージとしてわかりやすいのが、ダイエットサプリや健康補助サプリメントと同じ立ち位置なので、危険度はほぼないと言ってもいいでしょう。

 

 

バイアグラはお薬としての位置づけと考えた方がいいです。なので、遊び半分で飲めるようなものではないという認識はしっかり意識しましょう。誤った知識で偽物をつかまされてしまうと危険なものなのです。
それに代わってペニス増大サプリメントなどは、市販されているダイエットサプリや、補助サプリと同じ健康補助商品なので、危険度は低いです。今日の夜は気合い入れて頑張ろう!などというレベルの人はペニス増大サプリメントがお勧めです。


ホーム RSS購読 サイトマップ