20代から30代における性の相談

20代から30代における性の相談

20代〜30代の性の特徴

10代を過ぎで、20代になると自身の性欲や意思が確立されると言われているそうです。
そうなってくると、結婚願望が出てきたり、子どもが欲しいなどと思ったりするそうです。

 

そういう欲望や意思が出てくるため、20代〜30代になると、自分自身の性への関心が高まります。
特に自分の性問題に対し、気にするほどの悩みがなければ特に問題ありませんが、関心が高まり、気になるような悩みが出てくる人も多くいます。
そういった人の相談事例などをまとめてみました。

相談その@
性嗜好に関する相談
これらの相談は性的欲求に関する質問になります。性の欲求というのは単純にセックスをしたいとか、異性と触れあいたいというもの以外にも多数あります。
一般的に良く知られているのは上記のような事が主ですが、フェチな性欲を持っていたり、男性が女装をしてみたり女性が男装をしてみたりするものや、サゾ、マゾといったちょっと特殊なものもあります。
更にコアなところに行くと、小さい異性の子供が好きとか、痴漢やのぞきなどの性欲を持つ人もいます。
後半の性欲は、世間的に犯罪になってしまいますが、そのような性欲を持つ人もいるわけなのですね。

 

そういった人たちの悩みとして、性犯罪を犯してしまう人などは、比較的相談をしたくなるようです。
もう犯罪をしたくない。自分の欲求を制御できるような相談などなど様々です。

 

相談そのA
上記のような悩みの相談以外にもフェチな部分が趣味で、一般の女性に関心を持たないという人もいるそうです。
そういった人は、自分の性欲に罪悪感を持ってしまったりするケースもあるようです。
それらは非難されるような事でもなく、一般的な女性にも関心を持ってもらえるように改善したりもします。

 

これだけではありませんが、世の中には、たくさんの色々な悩みを持った人がいます。
今回は性欲的な部分の一部をご紹介していますが、次回はそれ以外の部分もご紹介してみたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ